育休から復帰して3年。毎日必死に生きてます(笑)
ベビー
このベビーが
できます♪
【お顔】
【黒目・ほっぺ】
【身体・おむつ】
【手】
【足】
【白目】
【髪の毛】
あると便利♪
【円切りカッター】
by 凛

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑い的保育w
2006年12月17日 (日) | 編集 |
気付けば12月も後半に入ってしまいましたね。。。

ここのところ、保育とは全く関係のない話ばっかりだったので、
たまには基本に戻ってみたりしてw



最近では、毎日の生活の流れや約束ごとなどがほぼ身に付き、
理解のできてきた子どもたち。

私は普段の保育の中で、よく反対のことを言います。


例えば、ホールに移動するときには、

「これから、大きな声でおしゃべりをしながら、廊下を
思い切り走って、ホールに行きまーす!」


すると、子どもたちはすかさず、

「ちがうでしょ、しずかにあるいていくんだよ!!」


食事のあいさつのときには、

「お手ては頭ね、いただきます!」

「おひざでしょ!!」


そんな感じで、
子どもたちは、自信満々に突っ込みを入れてくれます。


「あ、そうだっけ。先生まちがえちゃったよ
ごめんごめん~~( ̄∇ ̄*)ゞ」


なんてボケてみると、

「もう~~」

と、みんなそろって少々呆れ顔。
それがまた、可愛いw


毎回では飽きてしまうけれど、

子ども自身が、約束ごとや、なんでそうなのかということを
思い出す良い機会になるという意味で、

こういうやりとりも大切だなと思ったり。

ボケとツッコミは、保育の中でも有効だったわけですねw
テーマ:保育園のせんせい
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
プーも授業って「ボケ」と「ツッコミ」って大事だなぁ~と思ってます。
「先生はこれ知ってるけどみんなは知らないから教えてあげる。」的な姿勢ではなくて
「これ、どうしたらいいんだろうネ~」
って「ボケ」る。(別名:課題へ興味を向けさせる)
子ども達が「ああだ」「こうだ」
言ってて、あるポイントに収まりそうなところで
「で、それってこういうときでもできるン?」
って「つっこむ」
すると、さらに「ああだ」「こうだ」となって
「それでいい」とか「いや、これでいいんだ」
となる。

そっか~こうういう下地って幼稚園や保育園の
先生方に作ってもらっているんだ
ありがとうございますm(_ _)m

そうそう、授業でも笑いの要素は大事です。
いかに子供を笑かすか、これって簡単なようで難しい。
2006/12/17(Sun) 22:57 | URL  | ぷー #-[ 編集]
コメントTHANKo( ≧ω≦ )oYOU☆
i-260ぷーさん
年齢は全く違うけど、大切なのは結局、そういうやりとりの中で
無理なく課題へ興味を向けさせるってことなんだよね。
【笑い】はガンも治しちゃうって言うし、本当にスゴイヾ(≧д≦)b
いろんな意味で、大きな力があるんだなぁ~。
でも私の中では、下地は家庭で作っていただきたいと思っていますw

北海道の冬はいかがですか?
寒さに弱い私は、考えただけで。。。゛(ノ>ω<)ゝヒイィィィッwww
くれぐれもご自愛くださいね(*ゝω・)ノ


2006/12/18(Mon) 23:29 | URL  | ゆっく #gKy1xgE.[ 編集]
きょうぽちくんは
きょうぽちくんはここで関係されたみたい…
ここで基本っぽい話しないです。
2006/12/19(Tue) 10:17 | URL  | BlogPetのぽちくん #-[ 編集]
ぽちくん(*・ω・*)ポッ
ここで基本っぽい話しましょうよ(´-ω-`)
2006/12/20(Wed) 23:15 | URL  | ゆっく #gKy1xgE.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。