育休から復帰して3年。毎日必死に生きてます(笑)
ベビー
このベビーが
できます♪
【お顔】
【黒目・ほっぺ】
【身体・おむつ】
【手】
【足】
【白目】
【髪の毛】
あると便利♪
【円切りカッター】
by 凛

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもを叱るのが下手な親w
2006年09月17日 (日) | 編集 |
最近、とても気になること。
子どもを叱るのが下手な親が、とても多いこと。




今回ここに書いているものは、
以前、別のトコロに書いたもののまる写しですw

昨日のエントリと繋がって、丁度いいかなと思って( ̄∇ ̄*)ゞ


*****


自分の子どもが、友達の顔をたたいているのを目撃。
あなたなら、子どもになんて言う?

これは実際に、あったことなんだけど、
そのお母さんが言った言葉はこれ。


「やめなさい。先生に怒られるでしょ」


はい?(*・ω・)oO( 理解不能…)

「お友達をたたく」 という行為は、
「先生に怒られるから」 やっちゃいけないの?

それって違うよね?

「お友達が痛いから」
「お友達が嫌な気持ちをするから」

だから、いけないんじゃないの?

誰かに怒られるからなんて、意味のわからない叱り方をされたって、
子どもはいつになっても理解できないんじゃないのかな。

子どもには何を伝えるべきなのか、
もうちょっと考えてほしい。


最近、「子どもの質が変わってきた」 なんてよく言うけど、
変わってきたのは子どもだけじゃないんだなってことを
実感する一場面でした。

「先生に怒られるから」 なんて言われても、
私たちは無駄に怒ったりしませんから。



更に、その翌日の出来事。

朝、登園すると、保育室にコップやタオルを用意したり、
トイレに連れて行ったり、大人は大忙しな時間。

そんな中で、ある男の子が友達を追いかけまわしていた。
そこへ「おはようございまーす♪」と、私が登場。

すると。。。

「ほら~、先生に怒られるでしょ」


前回とは別のお母さんだったけれど、連日で我慢できず、

「お母さん、それは違うよ
いけないことをした時じゃないと、私たちは怒らない
怒られるからいけないわけじゃないでしょう」

すると、

「あ、そうですね~」



誰かに怒られるからダメよなんて叱り方、そんなのを続けていたら、
人の顔色を見てしか動けない子になってしまう。

実際、その男の子は、常に私たちの顔色をうかがっている。

友達のおもちゃを無理矢理取った時、
友達が注意されてるのと同じ事を自分がしていた時など、
『わるいこと』 と自分なりに感じた時には、

「せんせい ぼくのことみてる?」
「せんせい おこってないかな」

そんな顔で、いつも私たちの反応を見ている。
まだ、たったの2歳なのに。

このまま大きくなったら・・・って考えると怖いよね。


親や周りの大人の接し方次第で、
子どもは良くも悪くも変わっていく。

もちろん、生まれ持った資質というものもあると思う。

でも、伸ばしてあげられるものがあるのであれば、
できる限り、その手伝いをしたいと思う。


*****


以上が、一年くらい前にあった出来事&私が思ったこと。

後に出てきた男の子は、一年が経つ今でも、
常に私たち職員の目を気にしながら、毎日過ごしている。

すべての原因がそれだと言うつもりは全くないけれど、
多かれ少なかれ・・・影響はあるんじゃないかな。


『子どもには何を伝えるべきなのか、
もうちょっと考えてほしい。』

一年前、そう思ったけど、(今も思ってはいるんだけど)
大人自身が、子どもに何を伝えたらいいのかわからないのかなと
思うようになってきた。

この仕事をしていて感じることは、
私たちにとって当たり前のことでも、今の保護者にとっては
当たり前じゃないんだなっていうこと。

今の保護者の年齢層からいくと、私より年上の人が圧倒的に多い。

なのに、どうしてわからないんだろう?と
不思議に思うことも、極めて多い。


「時代だよ」


そんな声が、あちこちから聞こえてくるけれど、
でも、時代が変わったのなら、
私たち職員も、変わっていかないといけないんだよね。


保護者とはこういうもの
子どもとはこういうもの

そんな思い込みを捨てて、現実に目を向けないといけないのは、
ある意味では、私たちなのかもしれない。


(。-`ω-)ンーッ・・・
久々に真面目な話をしてしまったな(笑)

以上、今回は手抜きエントリでした。
テーマ:*保育のお仕事*
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
>自分の子どもが、友達の顔をたたいているのを目撃。
あなたなら、子どもになんて言う?

「お友達が痛いから」 と言うことは自分もそうされると痛いんだから
僕だったら「自分だって叩かれたら痛いでしょ?自分がされて嫌なことは人にしたらいけんよ」かな?
これって教え方としてどないなもんでっしゃろ?

僕も今の教育の仕方にはアレレ???と思っています。
何か問題が起これば、いや学校が悪い、先生が悪いと人のせいにする親こそが一番悪いと思っています。
子供のしつけって、どの世代で変わってきたんでしょうね?
躾(しつけ)って結局、子供は親の背中を見て育つんですよ。

これは実例ですが我が町のある学校では窓ふきは保護者が子供の代わりに1日出てするそうです。理由は窓から落ちて怪我をしたらいけないからと保護者が申し出ているとのこと(全ての賛成意見ではないと思いますが)・・・。
先日ラジオでは学校のトイレ掃除を業者に委託していて子供達にはさせない。これも保護者が申し出ているそうです。理由はO157等で病気になったらいけないからだそうです。

はぁーーーー???

これを聞いて、危ないところは窓だけじゃ無かろうに、汚いところはトイレだけじゃ無かろうに、そんなに我が子に危ない思いをさせたくないんだったらずーっと家に閉じこめておけばいいのにと思いました。

ちょっと前に養老孟司さんの講演会の記事をブログに書きましたが、ホント今の親は子供に手を掛けすぎ!

学校は勉強だけするところじゃないってことを何故親は分かっていないんだろうと思うのは僕だけなんだろうかと思ってしまいます。

養老孟司講演会の記事読んでなかったらコメントを含め目を通してみて下さい。
僕の思いも書いています(^o^)

>「時代だよ」
>そんな声が、あちこちから聞こえてくるけれど、
でも、時代が変わったのなら、
私たち職員も、変わっていかないといけないんだよね。

そうかなぁ~?
大切な子供さんを預かるんだから我が子を育てる気持ちと一緒なら「厳しく&優しく」ある程度の教育方針を保護者に入園説明会や入園時にバシッと言っておいた方が後々、保育園、保護者、子供全てにおいて良いと思いますよ。

嫌だと思う親は子供を入園させなければいいですから。

先生方も自信を持ってくださいね!その姿はきっと保護者にも伝わりますから。
ファイト!
2006/09/18(Mon) 07:30 | URL  | ぴかる #-[ 編集]
コメントTHANKo( ≧ω≦ )oYOU☆
i-260ぴかるさん
何がいけなかったのか、その原因と理由を伝えていけばいいと思うので、
ぴかるさんの伝え方でOKだと思いますヾ(≧д≦)b
今は「なぜ」の部分をかっ飛ばして、いきなり「こら!」な保護者が多い
んですよw 
で、子どもも条件反射で、「こら!」→「ごめんなさい」ってなってしまう。
最近、名前を呼んだだけで「ごめんなさい」と言う子がいて、驚きましたwww

私が学生だった頃、ちょうど、保育実習前だったかな。
実習担当の先生がこんなことを言っていました。
「過去に、実習先の園に『うちの子にトイレ掃除させるなんてかわいそうです。
やめてください』と言った保護者がいるので、掃除くらいしっかりしましょう」
ヾ(-ω-`;)ォィォィwww

こちらとしても、保育方針を変えるつもりは全くないですよ~。
いつでもてっぺんにあるのは、子どもにとって、よりベターなもの。
ただ、そこに辿り着くまでの方法というか、
手段は変えていかないといけないと思っています。
今までと同じじゃ何も変わっていかないし、一番の問題として、
しわ寄せが来るのは、子どもなんだから。

大人が何もしなくても、大人は何ともないけど、結局のところ、
嫌な思いをするのは、みんな子ども。
最近よくテレビでやっているけど、『給食費を払わないから給食出しません』
って言っているのと一緒だと思うんですよね。
親が悪いから子どもに制裁加えますっていうのは、いかがなものかと・・・
あ、話の幅が広がりすぎてしまいましたかねw


嫌だと思う親は子供を入園させなければいいですから。

↑個人的には、その通り!""ハ(≧▽≦*) パチパチ♪
でも、そんなに単純なものでもないのが、現実かなぁwww
説明会でどれだけ言っても、こんな感じだしw
「説明会でお話しましたよね?」なんて言っても、「はぁ?」
ハイ、終了~~~~~w
理解しながら人のお話を聞けるようになるというのは、子どものための目標
だけではないようですね(lll-ω-)'`ァ・・


養老さんについては、私も思うところがあり、いつかコメントしようと
思っていたんですよ。でも、
長くなりそうなのでまた今度~~ヘ( ̄ω ̄ヘ)
・・・という感じで引っ張ってきましたが、今日中に書きます!
残します!!w
辛口になるかとは思いますが、聞き流してくださいwww
2006/09/18(Mon) 10:55 | URL  | ゆっく #gKy1xgE.[ 編集]
今時の・・。
こんにちは。連続カキコです。
『時代』・・私も良く聞くし、言う言葉です。そのあとに『常識』を伝えるのをもう、あきらめた私がいます。私の場合、お母さんたちは年下が多くなってきたのですが、連絡帳のギャル文字(っていうんですか?)は当たり前だし、子どものことよりも自分の都合、状況が優先だし・・という母親が多くて、ちゃんとした事をビシッと言えたらいいのですが、『保護者はお客さん』よろしく、口を閉ざしている園長たち・・というのがうちの園の現状です。
近いうちに民営化になるので、ちょっとは変わるとは思うけど。気になる保護者の事を上に相談しても上がそんな感じで、言いに来た自分がなだめられるってどうよ・・?って思うのですが、6年も同じ園にいるとマヒしてきちゃうよね・・・。
『叱る』っていうのも、確かに難しい・・。気がつくと『怒っている』私。やはり毎回悩みつつ・・ですもん。保育は奥が深いっすね・・・。
2006/09/18(Mon) 11:51 | URL  | moonrabit #zuCundjc[ 編集]
コメントTHANKo( ≧ω≦ )oYOU☆
i-260moonrabitさん
連続カキコ大歓迎ヾ(≧д≦)b
ありがとうございます♪
あきらめたと言うか、私は保育園の中に『常識』という言葉自体が
もうないのかなと思ってしまいますw
その部分を保護者に求めるのは、もう無理なんでしょうね。。。
連絡帳のギャル文字、わかりますよ~~~
もう、笑いを通り越して呆れちゃう(;-ω-) =3
今の保育現場では、ギャル文字と、自分の都合、状況が優先されることが
『常識化』されてるんじゃないかなんて思ってしまうwww

うちの場合は、見かねた保護者には園長からビシッと言ってはくれるの
ですが、保護者も強気ですよね。
こちらが公の施設で、私たちが公務員だっていうことを、ちゃんと知っている。
それ以上は言えないという部分をしっかり理解して、上手に使ってる
んですよw

もちろん、保護者の大多数がそうだと思っているわけじゃないし、ごくごく
一部の話でしかないんだけど、でも、そういう方々は、確実に増えてますよね。

私が就職仕立ての頃、保育の対象は子どもだけだと思ってた。
・・・若かったわ⊂⌒~⊃;-ω-)⊃バタッ
2006/09/18(Mon) 22:07 | URL  | ゆっく #gKy1xgE.[ 編集]
育児=親育て
と、研修とかに行くと必ず言われません??おまけにいろんな事件が多くなり、子どもたちが安心して外で遊べなくなった=地域で遊ぶ子どもがいなくなった=保育園で地域の役割も果たそう・・って、

おいおいおいおい・・・・。

と言いたくなる・・。何でも屋か!?
家庭・家族が機能しなくなっているんだよね・・。

ゆとり教育の・個性教育のツケ・・とは言いたくないですが。本当に、保護者が変わってきて、それを受け入れないと対応できなくなっているこの頃ですよね・・・。
2006/09/18(Mon) 23:34 | URL  | moonrabit #zuCundjc[ 編集]
私は自分がされたら嫌な事は人にもしたくないなぁー。
結婚する予定も子供をもうける予定も無いけど・・・。
当たり前のことがわかる子を育てたいねー。育てるなら(笑)
その前に・・・子供をもっと好きにならないと・・・無理か?
2006/09/19(Tue) 21:03 | URL  | nana #-[ 編集]
「時代」とは言うものの…
「時代」とは言え、その流れには乗りたくない。
可能な限りプーの教室では
「それっていいこと?悪いこと?」
その子に考えさせます。
(1年生ならたいていわかります)
「悪いこと」
「悪い事ってわかるんだったら、ちゃんと自分の頭で考えて、そのことはもうするんじゃない」

ただ、時には「先生に叱られるよ。」が
お母さんと先生との共通理解をはかる場合に使われることもありまして
子どもがいけないことをして
「それは、先生『にも』叱られるよ。」
と言っているお母さんは
「こういう事って先生も叱りますよね?」
と、同意や確認を求めている場合もあります。
もちろんそのときは「はい、叱りますね。」
(そういう場合のみですが)と答えます。

そうじゃない親(「先生に叱られるよ」と言って自分は叱ろうとしない)は…
仕方ありませんので、その子はきっちり育てていこうと思います。
(大人《親》の教育は勘弁して~~ぇ)v-388
2006/09/21(Thu) 23:51 | URL  | ぷー #-[ 編集]
ゆっくは、ネット
ゆっくは、ネットで下手や
子どもをBLOGすればよかった?
2006/09/22(Fri) 14:48 | URL  | BlogPetのぽちくん #-[ 編集]
コメントTHANKo( ≧ω≦ )oYOU☆
i-260moonrabitさん
必ず言いますよね、『子育て親育て』って。
最近の新聞にも載ってましたよ。しかも、一面にw
何でも屋って・・・なんて的を得た表現方法(≧ω≦)b
って思っちゃったwww

保護者を受け入れないと対応できなくなっているというのは
本当にその通りだと思います(´-ω-`)
だけど、受け入れると言っても、限度というものがwww

i-260nanaさん
当たり前のことがわかる子と言うか、当たり前のことがわかる子
育てたいですね。
私も何の予定もないですけどwww
漠然と子どもを好きになろうとしなくても、
自分の子ならきっと、別モノじゃないかなぁ☆⌒(*ゝω・`)

i-260ぷーさん
(-ω-`;)ウーン・・・
私も流れに乗りたくはないけど、それを無視することもできないかな。
だって、それが現実なんだもんwww
理想だけを求めるのではなくて、理想と現実の間を少しでも縮められる方法を
考えていきたいと思う今日この頃ですw

私もできるだけ、良いこと・悪いことは考えさせるようにしています。
小学生ほどの理解力はないし、個人差はものすごくあるけど、
2歳児でも、ある程度はわかるんですよ。
大人側の伝え方にもよりますが。
そんな子どもたちを前にして、「なぜ」を伝えずに、意味のわからない
叱り方をするのが許せないんですよねw
私たちが共通理解の材料にされるのは歓迎だけど、
人のせいにするだけで、自分で叱ろうとしない場合の方が圧倒的に
多いですよねぇε~(-ω-;)ゞ

親の教育・・・
でもそれが、『子育て親育て』なんでしょうねw
ぷーさんも、免れることはできませんな(-ι_☆ )フフフ…

i-260ぽちくん
思いっきり『子どもをBLOG』してますけど(*☉ω⊙):;*.':;グフッ
2006/09/22(Fri) 19:47 | URL  | ゆっく #gKy1xgE.[ 編集]
はじめまして。

もし、不快なことでしたら削除してくださいね。
親の次に祖父母そして、幼稚園や保育園の先生や友達・・・と、子供たちはだんだん、関わる世界を広げていくのですよね。

先生は親ほど最初の存在ではないでしょうか。
一つ前の方の責任にするのは簡単なことだと思います。
でも1年たってもその子が様子を伺うようでそれがよくないと思っておられるのでしたら、先生の力不足もあると思いませんか?
私は一教師ですが、そのように思います。

信頼できる人が必ずしも親とは限りません。
身近な兄弟であったり、中学校にいってからめぐりあった教師であったり、大学時代の先輩であったり・・・。そのときに変わることができればいいのだと思います。
誰のいうことが正しいと思って聞くかだと思います。先生は少なくともお気持ちがそのお子さんに伝わっていないと考えていいと思います。

まだお若いのだとは思いますし、その狭い範囲内でのお言葉だとは思いますが、たくさんの方が目にするところで発言されているので、言葉に重みがあることをよく考えたほうがいいかとは思います。

ただの愚痴に思えましたが、きっと一生懸命なのですよね。これからも頑張ってください。
2006/09/25(Mon) 00:56 | URL  | rirupa #-[ 編集]
きのうゆっくで、
きのうゆっくで、気もblogした?
2006/09/30(Sat) 14:06 | URL  | BlogPetのぽちくん #-[ 編集]
コメントTHANKo( ≧ω≦ )oYOU☆
i-260rirupaさん
訪問&コメントありがとうございます。
一つ前の方の責任にするのは簡単なことだと思います。
↑それは本当にそうだと思います。
でも、それ以上に、そこでの責任が重いのではないかと思っています。
全ての礎にあるものは家庭だと思っているので。

私たちがどれだけ頑張ってみたところで、保護者には勝てません。
一つ前と言っても実際には平行して進んでいくものですし、どこかだけが
頑張ればそれで良いというものではないですよね。
一番大切なのは、双方の協力なのではないでしょうか。
もし保育園や学校のようなところだけの努力でどうにかなるということ
でしたら、私にはそれは疑問です。
確かに力不足もあるかもしれません。
私も今はその子の担任を離れてしまい、一日を通して一緒に生活をしている
わけではありませんが、現在の担任とも、その子に、又その子の保護者に、
どう接していったらよいかと話し合いの場を持っています。

狭い範囲内での言葉であっても、私の思うことをこうして書くことで、
それが良い悪いではなく、読んでくれた誰かが、何かを考えるきっかけに
してくれたら、それで良いと思っています。
きっと、ここにコメントを残してもらえないだけで、実際には反対意見も
たくさんあるでしょうし・・・
いろいろな人がいて、いろいろな捉え方、考え方があって当然のこと、
そして、ブログ等を通してそれが聞けることは、とても良いことだと
思っています。
ネットという武器を持っているだけで、普通に生活しているよりも
ずっと世界が広がりますよね。
ただ、「これからも頑張ってください」というrirupaさんの言葉、
全く応援されているように思えませんでした。
若さや経験のなさを馬鹿にするような言葉というのはどうかと思います。
言葉の重みとは、そういう部分にもあるものではないかと思いました。


i-260ぽちくん
意味不明・:*ゞ(∇≦* )ガハッwww
2006/10/01(Sun) 21:01 | URL  | ゆっく #gKy1xgE.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。